国税不服審判所に関すること | 大橋誠一事務所

【0103】国税不服審判所の具体的設置構想

【0103】国税不服審判所の具体的設置構想
1.税制簡素化についての第一次及び第二次答申 内閣総理大臣の諮問機関である税制調査会は、昭和41年度には、税制簡素化問題の検討のため、特別部会及び専門委員会を設けて審議を重ね、昭和41年12月に「税制簡素化についての第一…

【0101】裁決書決裁の「バスに乗り遅れる」

【0101】裁決書決裁の「バスに乗り遅れる」
1.大阪国税不服審判所長の異動時期 歴代の大阪国税不服審判所長は、国税不服審判所本部所長と同様に、裁判官(判事)が2年ごとに検事に転官の上で着任します。 異動速報で「(兼)国税不服審判所長」という表現をご覧になったことが…

【0099】国税不服審判所の設立気運が高まった背景に何があったか

【0099】国税不服審判所の設立気運が高まった背景に何があったか
1.協議団に対する批判 国税不服審判所の前身である「協議団」制度は、シャウプ勧告の影響を受け、税務署に対しては第三者的性格を有し、民間からも多数の協議官を採用したこともあって、当時としては画期的な制度として評価され、納税…

税務判断なら当事務所へ
お気軽にお問い合わせください