6月, 2020 | 大橋誠一事務所

【0060】主張整理の難しさ

【0060】主張整理の難しさ
1.請求人の主張の引き直し 国税不服審判所長に対する審査請求は、まず、審査請求人が審査請求書を提出するところからスタートします。 審査請求書(次葉)には、「⑪審査請求の趣旨」欄で原処分のどの範囲の取消しを求めるか、そして…

【0059】訂正裁決になる誤りの例

【0059】訂正裁決になる誤りの例
1.用語の遣い方 国税不服審判所の公表裁決をご一瞥いただくだけでも、「こんな文章を書く仕事をしていたら、そりゃあ文章に小うるさい奴になるだろうな」と思われていることでしょう。 例えば、裁決書で「反面調査」という用語は使用…

【0058】負け方も大事

【0058】負け方も大事
1.書面でしか回答できない 私が国税不服審判所において裁決書案(議決書といいます)を起案するに当たって苦労したことのひとつに「書面でしか回答できないこと」がありました。 「書面でしか回答できない」こと自体は特殊なことでは…

税務判断なら当事務所へ
お気軽にお問い合わせください