2019年5月15日 | 大橋誠一事務所

【0003】染まらないでほしい

【0003】染まらないでほしい
1.国税審判官採用試験 審査請求事件を担当する国税審判官(担当審判官)の半数程度(50名)は、弁護士・公認会計士・税理士を対象とした民間公募によって採用されています。 意外かもしれませんが、採用試験は書類選考と面接1回の…

税務判断なら当事務所へ
お気軽にお問い合わせください